わりきり

 今回のわりきりエッチパートナーは、19歳の女子大生でした。
10代後半という年齢は、38歳の自分からするとピカピカの存在。
それはもうテンションを上げながら出かけていくことになりました。

 わりきりの百合杏は、ちょっと小柄な、愛嬌たっぷりの愛らしさを持つ女の子でした。
笑顔がどこかスケベっぽくて、サセコ風な雰囲気を漂わせていました。
バストサイズEで、JK風のムチムチボディの持ち主でした。
19歳で、この肉体。
今回のわりきりは、完璧に盛り上がることは間違いがなく、心の奥底から卑猥な気分を感じてしまっていました。

 わりきりの良さと言えば何か?
それはもう、簡単にホテルにチェックインが可能なことです。
金を支払う関係は、面倒な駆け引きが全くないのです。
19歳の、魅力的な女の子を連れ、部屋へ篭ることになりました。

 中年のスケベ心に火が付いていく感じでした。
まずはイチャイチャと、ソファで19歳の肉体をタッチしたりして楽しむ。
スカートまくり上げる。
黒字に白の水玉パンツが、とっても可愛らしく感じました。
パンツの上からオマンコの筋に沿い指を這わせて行くと彼女の表情も変化。
マン汁が染み出してきました。
わりきりの相場と意味を知り逮捕されずにワリキリ相手を募集する方法

 一緒のバスルームも大丈夫で、体を洗いつつ楽しみまくれました。
そして、本格的セックスのスタートです。
Eの形の良いオッパイの弾力が素晴らしい。
コリコリになった乳首が美味しい。
スベスベの肌に興奮はさらに強まる。
濡れたオマンコをしっかりと刺激、クンニもしてやりました。

 フェラからの挿入でした。
もう最高のキツさ。
最高の心地良さ。
ズボズボ動かすたびに、チンコがとろけるような気持ち良さを感じつづけられました。
百合杏も、自分とのセックスにかなり納得してくれた様子をみせてくれました。
「す・ご・かっ・た」の一言に、喜びに満ちた気分を味わえました。
わりきり
割り切りの意味

Posted in

テキストのコピーはできません。