俺の悩みはあれが小さいこと。そのため友達から「童貞募集している女性と出会ってもお前のあれを見たらやりたがらないね。小さくて可哀想。」と馬鹿にしてきます。俺はやけになって「童貞募集しなくても俺のことを好きと言ってれる人はいる。」言ったけれど正直自信はありませんでした。
ある日、公園で泣いている子供を見かけました。俺は子供が好きなので理由を尋ねても泣いていてよく分からないので笑わせてあげました。すると、子供の保護者がやってきました。驚きました。その女性は同じ大学に通うミナちゃんでした。
筆おろしアプリを使えば童貞好きな童貞狩り女子が入れ食い
ミナちゃんは姉の子供を面倒を見ているけどイマイチ接し方がわからないと言うので、俺も一緒に子供と遊んであげました。そして、1時間後ミナちゃんの姉が公園にやってきて終わりました。ミナちゃんは俺にお礼を言って3人はその場を後にしました。
ところが、今回をきっかけにミナちゃんが大学で俺に話しかけてくれるようになりました。その姿に俺を馬鹿にしていた友達も驚き、しかもまた姪っ子の面倒を一緒に見て欲しいと言われました。連絡先も交換して、冗談で今度食事に行こうと誘ってもいいよと言ってくれたり友達からは見込みがあると言われました。俺も少しずつ自信を持ってきました。大学を卒業前に告白をすると無事に付き合うことになりました。俺のアレが小さいことにコンプレックスの話をすると「関係ないよ。私はあなたの全てが好きだから。」嬉し過ぎて言葉が出ませんでした。
オナ電掲示板
クンニ募集

Posted in

テキストのコピーはできません。